スポンサーサイト

  • 2017.06.27 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    レビュー:Lavry Black DA10

    • 2009.05.13 Wednesday
    • 19:37
    スタジオ機材で有名なLavry Engineeringの民生用DACのLavry Black DA10。

    2009年5月現在は後継機のDA11が発売されているが、筆者が購入したのは2007年。
    購入して2年ほぼ毎日使ってきたのでそろそろレビューの1つでも書いてみる。

    入力はTOSLINK、コアキシャル、ASE。入力は前面パネルであるトグルスイッチで切り替える。
    出力はバランス出力でXLR。ただし内部ジャンパの変更でアンバランス出力にすることも可能。
    その他、ヘッドホン出力も備えている。

    入力は44.1Khz〜96Khzまで対応。基本的に出力側にあわせたサンプリングレートを自動で認識するが、DA10側に96Khzにアップサンプリングすることも可能。

    ボリュームはトグル形式で上下にスイッチをカチカチ動かすタイプ。
    ガリノイズなどとは無縁で慣れると音量調整がしやすいので便利。
    肝心のボリュームは1db刻みで56段階の切り替え。1db刻みと結構大まかな刻みなので、音量の細かい調整をしたい人には向いてないかも。
    ちなみに現在のボリュームはLEDで表示される。

    以下からヘッドホンアンプ部分のレビューを。

    音はモニター的で音にあまり色をつけずに非常にクリアかつ、素っ気無くならす。
    エッジはモニターっぽくありながらも聞き疲れしない程度の丸さになっている。
    音の立ち上がり、キレは非常によく、音の芯も通っているので、ハイスピードのロックはちびりそうになるくらいよい。
    複数本特性の違うHPを持っていて、HPの違いを聞き比べたいならお勧めといえる。
    Edition9の低音のキレの良さ、音の濃密さを楽しむにはかなりよかった。
    個人的には非常に好みの音で、ヘッドホンアンプを購入した現在でも、
    端子には何かしらヘッドホンが刺さっている状態だ。
    かなり出力に余裕があるのでDT990やHD650といった鳴らしにくいヘッドホンを接続している。

    ただ10万円以上出してHPAとして使うことを考えるとその価値はあるのかは微妙。
    下流に別のHPA接続をすること前提で、かつ2007年当時に買ったので筆者は不満はないが、
    後継のDA11のほうがデフォルトでUSB入力や、XLR→RCA変換がついてきたりと使い勝手は良くなっているので、
    今からDACとしてもHPAとしても、DA10を買うというのはあまり有望な選択肢ではないのかもしれない。

    (※HPAアンプ部分のレビューは2chの某スレに投下したものの再利用です)


    JUGEMテーマ:オーディオ

    OA用ノイズフィルタタップ導入したら音よくなりすぎてワロタ

    • 2009.05.03 Sunday
    • 08:06
     OA用にとタップを購入しました。
    メイン用途としてはPCの接続を考えて購入したのですが、ふと思い立ってDA-10とBCLも接続したところ大正解でした。
    Edition 9で音楽を聴いたところ、特有のブリブリっとした低音が更に締まって聞こえてきます。
    音の解像度、臨場感も1ランクアップしました。

    プラシーボかもしれませんが、雷のサージ対策とあわせて費用対効果の高い機器だと思いますよ。
    これは高級オーディオ用電源タップがほしくなってきました・・・

    JUGEMテーマ:オーディオ

    レビュー: BEHRINGER ヘッドフォンアンプ HA400

    • 2009.04.24 Friday
    • 13:02
     4000円弱という値段からは想像つかないいい音を出すヘッドフォンアンプ、それがHA400だ。標準ジャックの入力というちょっと変なアンプだがレコー ディング機材と考えれば納得いく。ヘッドフォン出力は標準プラグ×4でそれぞれ音量調整ができる。これは何気に便利な機能で、インピーダンスの違うヘッド フォンを同時に聞き比べる時には威力を発揮する。

    音質は音のエッジが丸まっているがフラット。分解能はあまりよくなく、だんごとまではいかないがまとまっている印象。そのせいかどこか暖かみのある音に なっていると思う。このアンプにHD650をつないでJazzを聞くと暖かみのある音で眠くなってしまう。本来のHD650の性能は引き出せないが、値段 以上に魅力のあるアンプに仕上がっている。なぜかMDR-900STをつなぐとボリュームはそれほどではないのだがものすごい厚みのある音を出す。

    購入するときはケーブルが付属してこないので標準プラグのケーブルをあわせて用意する必要がある。また、ヘッドフォンの抜き差しや、電源オンオフ時のポッ プノイズは結構大きいので気をつけたほうがいい。コストパフォーマンスはとんでもなくいい製品なので最初に買うヘッドフォンアンプとしては後悔しない製品 だと思う。1万円台のヘッドフォンならばこれで十分鳴らしきれる。2万円以上のヘッドフォンを購入するならステップアップを考えたほうがいいが、そういう 人はヘッドフォンマニアを除けばそうはいないだろうからこれで十分だ。コンパクトで場所もとらないので試しに買うという意味でもいいだろう。

    JUGEMテーマ:オーディオ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Google Adsense

    Last.FM

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK
    OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK (JUGEMレビュー »)

    M4/3のフラッグシップモデル。5軸手振れ補正をボディに内蔵しており、その効きはかなり強力。防塵防滴仕様となっていてその活躍にフィールドは選ばない。

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM