スポンサーサイト

  • 2017.06.27 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    レビュー:フォクトレンダー NOKTON 58mm F1.4 SLII N Ai-S

    • 2013.05.19 Sunday
    • 14:59
    ◆概要
    カール・ツァイスのレンズを製造しているレンズメーカー、コシナから販売されている大口径標準レンズ。
    F1.4の開放値をもちながら実売価格が3万円台後半からと比較的安価なので購入。

    マニュアル・フォーカス専用レンズだが、電子接点がついているので、絞り値をカメラ側から制御できるので使い勝手はよい。
    レンズ側で絞り値を設定する場合は、1/2段刻みとなり、F16が最大の絞り値となる。

    外観はコンパクトであるが金属製でずっしりと重量感がある。
    フォーカスリングは適度なトルクがあり非常になめらかに操作できる。

    ◆描写について
    肝心の写りについてだが、開放付近ではふわっとした柔らかい描写で、F4あたりから急にシャープな描写になる、二面性のあるレンズとなっている。
    色乗りについては、こってり気味であり、各社が出している最新のレンズ群とはちょっと違った味のある描写になっていると思う。

    以下の写真はF1.4からF5.6までで描写がどのように変わるかというサンプルを掲載する。

    ・F1.4
    DSC_7232.jpg

    ・F2.8
    DSC_7233.jpg

    ・F4
    DSC_7234.jpg

    ・F5.6
    DSC_7235.jpg

    ご覧の通り、絞り値が大きくなるにつれシャープになっていくのがわかるだろう。

    また、開放値付近ではカメラのプレビューで見てわかるほどの周辺減光が見られるが、僕個人としては味として許容できる光量の落ち方をしている。この周辺減光はF4あたりまで絞ればかなり改善する。

    このレンズの利点として忘れてはならないのが、ピントのあわせやすさでピントの山はつかみやすく、カメラのフォーカスエイドに頼らずとも直感的にピントを合わせやすい。

    続きでは、このレンズで撮影した拙作をあげる。

    JUGEMテーマ:デジタルカメラ
     
    ◆人物撮影のサンプル

    人物撮影については、過去のエントリーを参照してほしい。
    ほぼすべて開放値で撮った写真となる。
    ご覧になればわかるだろうが、柔らかい描写で、人物撮影には向いているレンズだ。
    58mmという画角も50mmにちかい画角なので使いやすい。
    ポートレートで使うなら個人的にはこれがベストと言い切れる。
    ただ、反省としては、開放値では被写界深度が浅すぎるので、微妙なピンズレを起こしやすいのと、F2〜2.8くらいまで絞ったほうが描写が改善することを知らずに撮っていたこと。今後はそちらのF値を使っていきたいと思う。

    ◆スナップのサンプル


    さて後は秋葉原から有楽町まで散歩がてらに撮影したスナップをサンプルとして掲載する。
    DSC_7255.jpg

    DSC_7272.jpg

    DSC_7281.jpg

    DSC_7288.jpg

    DSC_7315.jpg

    DSC_7329.jpg

    ご覧の通り、スナップで利用しても問題ない。
    こちらはF8程度まで絞って撮影しているので、人物撮影の時との描写が違うと驚かれるかもしれない。
    先ほども書いたが、この2面性が使ってて面白いのだ。
    ただ、58mmはちょっと長めと感じるので、普段はフォクトレンダー ウルトロン 40mm F2.0を常用している。

    ◆どうでもいいけど・・・ややこしい名前

    フォクトレンダーという名前がついているものの、フォクトレンダーが設計してきたレンズとは関係ない。
    ややこしいのだが、コシナがフォクトレンダーのブランド使用権を買い取って自社設計のレンズにつけているのでフォクトレンダー銘がついている。

    このレンズは元々、「REオートトプコール 58mm F1.4」として2003年に発売された。
    トプコールといえば東京光学機械が発売していたカメラやレンズについていたブランドだが、東京光学機械が販売していた「REオート トプコール 58mmF1.4」とはレンズ構成も別物となっている。
    あくまで写りを「RE オート トプコール 58mmF1.4」似せたレンズであり、完全な復刻版ではないという非常にややこしいレンズとなっている。

    ◆総評

    総評は箇条書きにする。
    • 開放F1.4を実現しながら実売3万円台後半という最高コストパフォーマンス
    • 高級感のある外観はグッド。フォーカスリングのトルクも適度でいい
    • ピントの山がつかみやすくマニュアルフォーカスは簡単にできる
    • 絞ると描写が変わる2面性はポートレートに、スナップに活躍
    • 綺麗なとろけるようなボケ味はなんともかえがたい
    ◆注意点
    • なにはともあれマニュアルフォーカス。オートフォーカスよりはめんどくさい
    • 58mmというちょっと中途半端な画角を許容できるか否か
    • 開放付近で盛大な周辺減光を許容できるか
    • 安価と評価したものの、各社からは50mm F1.8のレンズがこれ以上に安価が出ているのでそれをどう評価するか
    • 一定数注文がたまったら生産するという方式なので、在庫がはけてしまうと2〜3ヶ月待ちはあたりまえなので欲しい時に買えない可能性。

    スポンサーサイト

    • 2017.06.27 Tuesday
    • 14:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      マニュアルフォーカスは簡単にできるだと!?
      これ、いいですね!マニュアルフォーカス専用だそうですが、これ使ってたらマニュアルフォーカスのいい練習になりますね〜。
      • ASHIGARU
      • 2013/05/23 12:05 AM
      ピントの山はつかみやすくてよかったですよー。
      慣れれば楽です。
      ぜひぜひ買ってみてくださいw
      • リパートン
      • 2013/05/23 10:29 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      Google Adsense

      Last.FM

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK
      OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK (JUGEMレビュー »)

      M4/3のフラッグシップモデル。5軸手振れ補正をボディに内蔵しており、その効きはかなり強力。防塵防滴仕様となっていてその活躍にフィールドは選ばない。

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM